ホーム > 経営方針

経営理念について

経営理念

CSR活動について

部品ご承認と情報の流れ

コア事業を通じたCSR活動

当社の「コア事業を通じたCSR活動」につきましては、主に以下にあります2つの活動指針を定めております。

1.ステークホルダーと共に成長・発展すること。

【実現に向けての取り組み】

コーポレートガバナンスとコンプライアンスの遵守徹底を行うこと。

・法令の遵守
・反社会的勢力の排除
・適切な輸出入取引の管理
・機密情報の管理・保護
・知的財産の保護
・社内周知及び教育の実施

ビジネスパートナー様との公正妥当な取引を通じ、ビジネスパートナー様と当社の双方に寄与する関係を構築すること。

・課題目標の共有
・不適切な利益供与・利益授受の禁止
・適時情報開示
・株主保護

お客様のニーズに応える製品サービスの提供を行い、同時に安全性と品質性を確保すること。

・ノウハウの蓄積とナレッジマネージメントによる情報活用
・安全法規の定期的な確認と遵守
・危機管理システムの安定的運用
・地域的マーケット特性の把握
・適正在庫の管理徹底と的確なフォーキャストによる製品の安定供給

地域環境に配慮し、省資源、廃棄物の削減を徹底すること。

・環境マネジメントポリシーの構築運用
・廃棄物の適正処理・環境負荷物質の低減・リサイクル等に関する各国・地域の法令遵守

2.人を育て活かすこと。

【実現に向けての取り組み】

シーラックスカルチャー(独創性・チャレンジ精神・相互信頼と尊重)を通じ、社会に貢献する人材の育成を行い、会社と社会の相互信頼関係を構築すること。

・従業員の多様性と価値観の尊重
・行動規範の運用と定期的な研修の場の提供

従業員との対話を重視し、コーポレートガバナンスとコンプライアンスの遵守を基本とし、建設的な勤労意欲の維持向上を行うこと。

・誠実な対話の場の提供
・内部統制に関する研修機会の提供

人権を尊重し、安全で健康的な労働環境の構築を行うこと。

・差別の禁止
・セクシャルハラスメント・パワーハラスメントの禁止
・児童就労の禁止
・強制労働の禁止
・賃金の法令遵守
・労働時間の法令遵守

社会貢献活動

当社のコア事業以外におけるCSR活動につきましては、以下の活動指針を定めております。

豊かな社会の実現とその持続的発展のため、企業目標に基づき、積極的に社会貢献活動に取り組むこと。
地域社会における人材育成の貢献を行うこと。
従業員等のボランティア活動を支援すること。

当社の強み

事業内容

取引事例

CSRの取組み

会社案内

お問い合わせ